【実験】シリコンでワックスを複製できるか|ロストワックスで手作りシルバーアクセサリーの作り方・ペンダントやペアリングなど|ゼロから始めるシルバーアクセサリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【新作DVD】
--------------------------------------------------------------------------------
【CFDの説明とサービス比較 】FXからCFD初心者ガイド
--------------------------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
【実験】シリコンでワックスを複製できるか

以前の記事で、「ワックス原型をシリコンで型取りして複製できる」と書きましたが、本当にできるか不安だったので実験してみた。

まず問題は
・流し込み用のワックスをどうやって溶かすか?
・スムーズに流し込む為にシリコンの型をある程度暖める必要があるが、その方法は?
 (型の中で急冷されて流れる前に固まってしまうのを防ぐため)

チューブやブロックなど原型作りのメインで使うハードワックスの融点は大体100~120℃くらいですが、今回は作業のしやすさを考えてもう少し融点の低い流し込み用(らしい)ワックスを使ってみます。
融点は60~70℃らしい。
一方シリコン型は、詳しくは分からないけど200℃程度までは耐えれるっぽい。

ということで理想を言えば100~200℃あたりの温度調節ができる作業台のようなもの・・・



ホットプレート???


でも持ってないしなー。この為だけに買うのもあほらしいし、どうしたものか・・・。



と色々頭を悩ませ、ついに閃きました。

アイロン!

こいつを裏っ返して作業台にすればいけるのでは?
ということで早速実験開始。


アイロンを裏返しにして、タオルの塊の上に固定。
アイロン裏


今回使うワックスはこちら

ワックス細切れ 

詳しくは知らないのですが;お店で見つけた溶かして作業するのに便利っぽいワックス。融点が60 ~70℃程度。
こいつをナイフで細切れにして溶かします。




まずは100℃弱くらいを目安にアイロンを熱します。
アイロンテスト
ワックスは100円ショップで買ってきた軽量カップに入れて溶かします。
ワックスがサラサラに溶けて、かつ水が沸騰しなければ70~100℃くらいになってるだろうという事で。
一応シリコンのカケラも載せて溶けたり変形したりしない事を確認。
ちなみにこの時我が家のアイロンでは丁度「弱」の位置に合わせてあります。


今回使うシリコン型です。これは以前作ったリングを、念のため型取りしておいたものです。
シリコン型
ワックスの注ぎ口を上に作り、空気抜き用の穴を左右に一本づつ入れておきました。


ワックスとシリコン型をアイロンの上で熱します。
流し込み前


程よく温まってきたところで、いざ注入!
 ・
 ・
 ・
 ・

流し1

ぎゃあああ!

見事・・・失敗;

ワックスが流れきる前に固まってしまい、右下の部分に全く行き渡ってません・・・。
(しかも写真まで失敗 orz)



温度が低すぎたようなので、アイロンのスイッチを「中」にまで上げて再挑戦します。
今度は垂らした水滴がすぐにぐつぐつ沸騰する状態です。
シリコン型のほうも充分に熱して、いざ注入!
 ・
 ・
 ・
 ・

流し2


ぎゃああああああああ!

今度は熱しすぎたせいで、中でちっとも固まらずに隙間という隙間から漏れ出してきてしまった・・・。
水を流したような状態です。これはいかん。



三度目の正直ということで、まずは温度を少し下げ弱と中の間くらいに。
あと左右の空気穴から流れ出してくるようなのでそこは塞ぎ、代わりに注ぎ口と同じ方向に空気穴を開けてみました。
 ・
 ・
 ・
 ・

流し3

お!?

見た目はちょと汚いですが、一応シリコン型の隅々まで行き渡ってるみたい。
充分に冷ましてから、慎重に型からはがします。

取り出し

完成1 完成2

はみ出した部分が残ってたり一部折れてしまったりしましたが、なんとか複製できた模様。
これくらいならこの後補修できそうです。ウデの後ろ側の細~い部分も綺麗に取れました。


ただ、今回使ったワックスは流し込みの用途には適してない事が判明。
もともと爪で軽く押しただけで削れるような柔らかさなのでこの後の加工に不便だし、型から抜く際に簡単に曲がったり折れたりしそうです。

ゴム型への注入に使うインジェクションワックスを使うか、あるいは通常のハードワックスを溶かして使った方が良さそう。
いずれ試してみたいと思います。



↓ポチっと下さいませ m( _ _ )m





【新作DVD】
--------------------------------------------------------------------------------
【CFDの説明とサービス比較 】FXからCFD初心者ガイド
--------------------------------------------------------------------------------

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

【2008/09/28 23:48】 | 実験 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<「ランジェリーフットボール」が始まるらしい | ホーム | 3Dデスクトップと重力デスクトップ>>
コメント
自分もゴム型にワックスを溶かして複製しようとして、失敗の連続でした。アイロンはいいアイデアですね 自分も挑戦してみます(^^)ノシ
【2010/01/14 01:39】 URL | ルパン #-[ 編集] | page top↑
ルパンさんはじめまして!
長らくサイト放置していたせいでコメント頂いたのに気付くのがすっかり遅れてしましました、申し訳ありません。

> 自分もゴム型にワックスを溶かして複製しようとして、失敗の連続でした。アイロンはいいアイデアですね 自分も挑戦してみます(^^)ノシ

ありがとうございます(照
実験でつかったワックスは常温でも固さに気合が入ってなくていまいちでした;
インジェクションワックスを溶かして使うのがベターかなーと思ってます、試してないですが(汗

アイロンは自分でも「よしきた!」と思いました実はw
【2010/02/09 23:57】 URL | 秋 #-[ 編集] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/07/17 14:59】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://unico64.blog7.fc2.com/tb.php/16-624111b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

参考書籍の紹介

おすすめ商品

ベストセラー DVD

外国為替証拠金取引の外為オンライン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。