リボルテック ユダ様(4)|ロストワックスで手作りシルバーアクセサリーの作り方・ペンダントやペアリングなど|ゼロから始めるシルバーアクセサリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【新作DVD】
--------------------------------------------------------------------------------
【CFDの説明とサービス比較 】FXからCFD初心者ガイド
--------------------------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
リボルテック ユダ様(4)
まだまだ責めます下半身。
ねちっこいのだけが取り柄です。

今回はベルトの下にぶら下がってるチェーンの製作です。

ここは足の可動に干渉する部分なのでチェーンも可動式にしたいところ。
軟質素材を自分で作るわけにはいかないので何か良い方法は無いかとあれこれ考えた挙句、
百円ショップでこんなの買ってきました。

デコシール1
ケータイ用のデコレーションシール。

最初からこんな風に一直線に繋がってるので、こいつをプラシートに貼り付けてやります。
デコシール2 ⇒ デコシール3

で、腰パーツに当ててみる。
デコシール4

でかい・・・。

ミラクルな作戦だと思ったんだけど、ちょっとこのサイズは納得できない。
この方法はなんか別の機会に使えそうなので覚えとくとして、プランB発動!


0.5ミリプラ板をハサミで少し弧を描くように適当に切り出して使います。
いちいちナイフで線を彫るのはめんどくさいので、四角形の棒ヤスリを使ってカドの所で線彫り。
プラ板削り

チェーンのパーツと腰部に穴を空け、真鍮線で軸を作る。
チェーン当て


で、このパーツを左右作って完成したのがこちら。
チェーン完成1 チェーン完成2
ばっちり可動します♪
こだわりポイントとして、二本のチェーンが交差してるので内側になる方のチェーンの可動軸は付け根では無く重なった部分に設置しておきました。
内側チェーンの軸も付け根にしてしまうと重なった部分が干渉してあまり動かなくなるので。

あ、ついでにベルトのバックルも原画を参考に作り直しました。
といっても上からプラ板を貼り付けただけですが。


バックショット
チェーン完成3後ろ
本来は後ろも交差してると思われますが、スタンドへの取り付け穴があるので妥協してこのような形に。
見えない部分は容赦なく妥協するのがモットーです。


これでチェーンは完成。
写真で見る以上に、無駄に労力を使ってしまった汗;



↓ランキングに参加してます。よろしければポチっと、ご協力お願いします。



【新作DVD】
--------------------------------------------------------------------------------
【CFDの説明とサービス比較 】FXからCFD初心者ガイド
--------------------------------------------------------------------------------

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【2008/11/16 12:00】 | リボルテック北斗-ユダ様 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リボルテック ユダ様(5) | ホーム | リボルテック ユダ様(3)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://unico64.blog7.fc2.com/tb.php/37-e673c8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

参考書籍の紹介

おすすめ商品

ベストセラー DVD

外国為替証拠金取引の外為オンライン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。