樹脂粘土で軟質パーツが作れるか?簡易レポ|ロストワックスで手作りシルバーアクセサリーの作り方・ペンダントやペアリングなど|ゼロから始めるシルバーアクセサリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【新作DVD】
--------------------------------------------------------------------------------
【CFDの説明とサービス比較 】FXからCFD初心者ガイド
--------------------------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
樹脂粘土で軟質パーツが作れるか?簡易レポ
お題の通りです。
最近ネット内某所で樹脂粘土「レジックス」とやらの話題を見かけたので早速実験してみようとハンズ行って物色してきました。

いくつか種類がありましたが、サンプル品をぐにょぐにょ触らせて貰って一番柔らかそうだったやつをチョイス。
DSC01331.jpg

「すけるくん」
名前の通り、弾性云々より(半)透明になる点がウリのようです。
が、見ての通り少々お高いですな・・・。
レジックスはサンプル品いじってみた所思った以上に硬かったのでやめました。
が、レジックスでマントっぽいもの作っる方もいらっしゃるようなのでいけるのかも知れません。
いずれ比較もしてみたいところです。

早速触ってみます。
柔らかくキメも細かく、ベタ付きがほとんどありません。
「ほわん」とした丸っこいパーツを作るには非常に具合が良さそうです。
そして手でちぎってみると、にゅいーんと伸びました。ちょっとびっくり。
DSC01332.jpg

>追記
乾燥を防ごうと水を付けたところ、とたんにベタつきが発生しました。
また薄く延ばすと端のほうが伸びきらずにひび割れっぽくなります。
若干注意が必要な模様。



で、こいつを1ミリちょいの厚さにして乾燥させてみました。
DSC01333.jpg
そのままのものと、2枚張り合わせて中に0.9ミリの針金を仕込んだもの。

気になる弾性は
 : 
 :
DSC01336.jpg

こんな感じです。かなり良い!
言葉で説明するのは難しいですが、製品の軟質パーツにかなり近いイメージだと思います、僕の主観では。
そして画像くらい曲げても折れやひび割れの心配はありません。
針金を仕込んだほうは、ちょっと針金が固すぎました。薄いパーツだと弾性とのバランスがいまいち。
でも保持力はOKのようなので、厚みのあるパーツの芯には充分使えそうです(←0.9ミリの針金)


で、問題は着色ですが、基本的にはアクリル絵の具を混ぜ込んで問題なしとの事。
ただ見てのとおり最初は白色で乾燥すると半透明なので分量には要注意ですね。
完成時点で不透明になってるかどうか判断するには経験を積む必要がありそう。

ちなみに乾燥後のブツへの塗装も簡単に試してみました。
アクリル絵の具はイイ感じでした。曲げてもOKだし、爪で引っかいてもはがれません。
ソフビ用塗料(Vカラー)を少々厚めに筆塗りした方は、何度か曲げ伸ばしするとひび割れてきました。
薄塗りや、エアブラシを使った場合はまた違うかもしれませんが参考までに。


ということでなかなか使えそうなので、こいつでマント的なものを作ってみようと思います、そのうち。






【新作DVD】
--------------------------------------------------------------------------------
【CFDの説明とサービス比較 】FXからCFD初心者ガイド
--------------------------------------------------------------------------------

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【2009/01/18 16:11】 | リボルテック北斗-その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<もうすぐラオウ出ちゃうな | ホーム | シン200X風(3)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://unico64.blog7.fc2.com/tb.php/62-4d718586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

参考書籍の紹介

おすすめ商品

ベストセラー DVD

外国為替証拠金取引の外為オンライン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。