樹脂粘土のマントは失敗でした・・・|ロストワックスで手作りシルバーアクセサリーの作り方・ペンダントやペアリングなど|ゼロから始めるシルバーアクセサリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【新作DVD】
--------------------------------------------------------------------------------
【CFDの説明とサービス比較 】FXからCFD初心者ガイド
--------------------------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
樹脂粘土のマントは失敗でした・・・
久々のまともな(?)更新ですが、いきなり失敗報告です。

樹脂粘土「すけるくん」を使ってリボシンマントを作ろうと思ったのですが、見事に失敗でした。

※僕のやり方に問題があっただけかも知れないのであくまで参考までにご覧下さい。

結論から言うと、
・作業中の表面処理が難い
・縮んで、ひび割れる

このあたりが厳しかった。

まず表面処理についてですが、開封後の状態の樹脂粘土は柔らかく取り回しやすく、かといって手にベトつくわけでも無いと非常に使いやすい感触なんですが、やはり作業中に乾燥してきます。
で、水分を補給してやるわけですがこれがなかなかシビアで、水分が多すぎると途端にベタベタし始めます。グルテン状のものが指にこびり付きます。

今回は比較的面積の大きなマントを作ったので1発整形というわけには行かず何度か継ぎ足し継ぎ足しを繰り返したわけですが、くっつけた部分を綺麗にならすのが上記のベト付きのせいで厳しかった、というかうまくできませんでした。

一見なんとかなったように見えても実際はうすーく表面だけ誤魔化してるに過ぎないので、二点目に挙げた「縮み」のせいでその部分からひび割れを起こしてしまいました。


といった感じで、ここから失敗作業の供養をばさささっと。

まずはマントの型を作成。
本体に油粘土を巻きつけてそれっぽい形に整形整形。
DSC01338.jpg DSC01337.jpg


そうしましたらば、シリコンで型取り。
DSC01339.jpg DSC01340.jpg
DSC01341.jpg

※隙間から漏れ出して帰宅したら大惨事になってたのはここだけの話です。


シリコン型に、すけるくんを薄く貼り付けるようにしてマント作成。
裏面側もそれっぽいヒダヒダをスパチュラやヘラで作ります。
DSC01344.jpg DSC01345.jpg
※左下のすけるくんがなんか黄ばんでるのは多分単に光の加減のせいです。



ある程度乾燥したら型から取りはずします。
密閉状態(?)だとなかなか乾かないので。
乾燥するとだいたい半透明になります。写真右はまだちょいと乾きが足りない。
DSC01347.jpg DSC01357.jpg




で、まあ出来上がったのが一応コレなわけです。

DSC01409.jpg

フチ部分の割れや裂けがひどい。
写真では見辛いですが表面にもいくつかクレバスがあります。


そしてコレ!
DSC01408.jpg

大きさ 違うがな!


こんな感じです。
小さめのパーツを作る分には全然OKだと思うんですが、マントは失敗でした。
最初から薄くのばしたすけるくんを用意して型に押し当てていくような方法も考えたんですが、色々難しそうだし。




悔しくてイラっときたので、もう

シンにマントは、あげない



代わりと言ってはなんですが、ラオウマントはまた別の作戦で作ってみようと思ってます。

DSC01418.jpg
布じゃないっす。

【新作DVD】
--------------------------------------------------------------------------------
【CFDの説明とサービス比較 】FXからCFD初心者ガイド
--------------------------------------------------------------------------------

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【2009/02/21 03:32】 | リボルテック北斗-その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<拳王様にはマントが必要でしょう | ホーム | figmaサイクル塗装してみた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://unico64.blog7.fc2.com/tb.php/77-8684cc8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

参考書籍の紹介

おすすめ商品

ベストセラー DVD

外国為替証拠金取引の外為オンライン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。